白蟻予防を自分で行なうより対応した業者に任せた方が効果的

白蟻駆除を行なった後は予防対策も実施し、白蟻が再度出現するのを防がなければなりません。予防対策は個人でも行なうことができますが、田舎でも施工可能な駆除業者に依頼を行なえば楽に作業を進めることが可能です。

自分で対応するのは負担が大きい

白蟻対策を個人で行なう場合は定期的に施工を実施する必要がありますが、住宅の規模が大きいと多くの手間と時間が発生してしまいます。なるべく手間や時間をかけずに予防対策を実施しておきたい場合は、駆除業者に施工してもらいましょう。

保証に対応しているところ

田舎でも白蟻駆除を実施してくれる業者の中には、しっかりとした施工保証を提供してくれる業者も存在しています。こうした業者に施工を依頼しておけば、保証期間の間は無償で施工に対応してもらうことが可能です。保証期間の年数は依頼する業者によってそれぞれ変わってくるので、施工を依頼する際はなるべく保証年数の多い業者に依頼を行なうようにしましょう。業者のホームページなどを確認すれば、保証期間の年数は簡単に調べることができます。

白蟻が我が家を避けるように予防する

白蟻が寄らない家とは

侵入口を塞ぐ
白蟻が住宅に住み着くのを防ぐには、白蟻が入ってきそうな場所をしっかり塞いで侵入を防ぐのが最も有効です。建物にできた隙間や穴をきちんと塞いでおけば、白蟻が住宅に侵入してくる可能性は大幅に少なくなります。
換気を良くする
白蟻は湿気のある場所を好むため、住宅内できちんと換気を行なっておけば住宅内から湿気を無くすことが可能です。住宅内が乾燥した状態を維持していれば白蟻が住みにくい環境を作り、白蟻被害が発生するのを未然に防ぐことが可能です。
片付けを心掛ける
住宅の周辺に白蟻の餌となる廃材などが散らばっていると、駆除を実施しても再度白蟻が発生してしまう可能性が高いです。白蟻被害が発生するのを防ぎたい場合は、住宅の周辺から廃材や木材を処分しておくようにしましょう。

TOPボタン